この季節は晴雨兼用日傘が便利!

紫外線の強い7・8月にしか日傘をささない、という方も案外多くいるようですね。

でもこれは間違いって知ってました?

紫外線A波(UVA)・B波(UVB)は夏になる前の4月頃から増加しているのです。

最も紫外線A波が高いのは6月。

紫外線B波も5月には8月と同じほどの量が降り注いでいます。

そして両者は9月下旬頃にまでピークを維持し続けます。

だから日傘といった紫外線を遮るアイテムは、4月から9月が終わるまでは必須ということになります。

晴れの日だけでなく、曇りの日だって安心できませんよ!

日傘の重量もチェックしておきたいポイントです。

グラム単位まで、重さは比べてみましょう。

軽ければ軽いほど、腕などへの負担が軽くなり、持ち運びも楽になります。

しかし、軽い=持ちやすい、ではない場合もあります。

しっかりした丈夫な作りの方が使いやすい場合もあります。

自分にベストな条件を決めて探してみましょう。

日傘を新しくするのはどんな時でしょう。

日傘表面のUVカット加工は、使用してゆくほど剥がれます。

UVカット率が高いままでいられるのは平均1年~2年ほど。

使用頻度にもよりますが、3年以上の使用の場合にはUVカットのパーセンテージが60%から70%に落ち、確率として高く、紫外線が顔にあたっていると考えられます。

「購入したのはいつだったかな?」という日傘は、買い替えを急いだ方が無難と言えます。

晴雨兼用の日傘というものもあります。

晴雨両用だからといって、製品の紫外線カット率が低くなっているというわけではありません。

日傘の一般的なUV加工は、雨などの水に塗れるといったことも劣化が激しくなるのです。

長くUVカット率を維持したいのなら、晴雨兼用を選ばず「日傘専用」がいいですね。

小さなものよりも大きな日傘の方が、体の紫外線を全体的にシャットアウトしてくれます。

見落としてしまうのが、下からの照り返しです。

素材は、日傘の表面と裏面の両方を確認して選びましょう。

光沢のある素材は紫外線を跳ね返しますが、肌にダメージを与えてしまうかもしれません。

黒や紺など、内側の色は濃いものを選択するのが良いですね。長傘と折り畳みの二種類が日傘にはあります。

使うシーンや持ち運び時のことを考えて選ぶのがコツ。

通勤で電車に乗ることが多いなら、コンパクトな折り畳みがおすすめです。

UVAは波長が非常に長いため、雲を通り過ぎて肌へと降り注ぎます。その量は、晴れの日の9割以上。

そして紫外線B波(UVB)も、最盛時の半分近くあるのです。

若々しい肌のままでいるには、たとえ曇っていても日傘を使用しましょう。

黒は紫外線吸収率が高いため、日傘は黒がいい、と一般的によく言われています。

しかしUVカット加工のパーセンテージや遮光率が高ければ、表側の色が何色かについてはそこまで重要ではありません。

遮光率と混同しがちですが、紫外線遮蔽率(UVカット率)と異なり、「遮光率」は可視光線を防ぎます。

区別して選びましょう。

目に見える光を遮るパーセンテージなので、期待できる日陰効果は数値の高さと比例します。

一番には暑さ対策を、という方は、遮光率とUVカット率、どちらも高いものを探すのがよいでしょう。

黒い日傘が良いと聞きますが、熱を吸収してしまう短所があります。

紫外線を反射して防ぐ白に対し、紫外線を吸収してしまうのは黒です。

薄い色など好きな色で選んでもOKです。

紫外線を遮ることができる力を「紫外線遮蔽率」といい、数値で表します。

「UVカット率」という言葉でもよく見かけます。

「紫外線遮蔽率~%」と表示されていて、この数値が大きいほど、紫外線を遮る力があります。

UVカット率として「~%」と書いてあることもありますが、日焼け止め製品などと同じように「SPF」で書いてある場合もあります。

期待できる紫外線を防止する効果を数値化したものがSPFです。「50」が最も高い数値です。目安にして、確認してくださいね。

晴雨兼用の日傘というものもあります。

晴雨両用だからといって、紫外線カット率が低い製品というわけではありません。

一般的なUVカット加工については、雨等の水に塗れてしまうと劣化が加速します。

長くUVカット率を維持したいのなら、晴雨兼用よりも、「日傘専用」のものを購入しておいた方が良いでしょう。

日傘の大きさはより大きいほど、降り注ぐ紫外線から体全体を守ります。

「雨水」という明瞭な刺激を受ける雨傘を使用しているときを思い出してください。

誰でも大雨の時などは低く傘を持ち、極力肩や腕などに雨があたらないようにしますよね。

これと同じで、日傘も「できるだけ低く持つ」が基本。

日傘と顔や肩などの肌の距離は、「30センチ以内」であるのが大切です。

雨の多い梅雨の時期は、紫外線も多い時期なのです。

かわいいものやクールなものまで様々なタイプの日傘があるので、選ぶならデザインを重視するのもありですよ。

日傘の布地の素材によっても紫外線カット効果が高いものやそうでないものがあります。

綿や麻などの天然素材は紫外線は生地を透過しやすく紫外線カット効果が低いです。

熱が日傘の内側に留まり難いといった長所があります。紫外線カット効果を期待できる素材はポリエステルです。

UVカット加工をしていないポリエステルでも、生地自体で9割の紫外線がカットできます。

黒い日傘(UVカット加工無し)よりは、白い色のUVカット加工されている日傘の方が、効率的に紫外線をシャットアウトできるというわけです。

「傘の裏」の方が表よりも比較的重要です。

裏地が白や明るい色であればいくら表が黒であっても、紫外線がアスファルト等で反射し傘の中で照り返しとなり、日傘の中で肌が日焼けしてしまいます。

暗色の裏地を選択する方がいいですね。

遮光率については高いものほど、光を通しません。

人気がある日傘だと折りたたみタイプがあります。

小さく折り畳むことができると、毎日持ち歩いても苦にならないのがいいですね。

上記でお話しした「直径85センチ以上」の日傘でUVカット加工済であれば、当たり前のことながら日傘でもOKです。

大きさや素材だけではなくて日傘の「持ち方」も紫外線カット率から考えると違いがあります。

昔の映画の女優さんのようにパラソルを高く持って歩いているのでは、あいにく紫外線をキチンと遮ることはできないですよね。

ですが日傘と雨傘両方を持って歩くのは荷物になって邪魔ですよね。

この季節は、晴れであれば日傘として使用し、雨が降ったら雨傘としても使える晴雨兼用の傘がおすすめです。

梅雨のよく変わる天気でもずっとさしっぱなしにしておけるので、しまったり出したりも少なくすることができます。

日傘はUVカット効果は勿論のこと、日傘はファッションのアクセントとして持つこともあります。

おしゃれなデザインのものが多く、選ぶことやさして歩くことも楽しいアイテムですね。

日傘にはUVカット率を表示していることがありますが、日焼け対策・暑さ対策のいずれをも必要と考えて日傘を使用するなら、UVカット率だけではなく「遮光率」にも注目してみましょう。

日傘は遮光率が高ければ、日焼けの原因である紫外線は当然のこと、暑さの原因である「可視光線」「赤外線」も透過させない、ということです。

更に紫外線カット機能だけではなく、遮光率が高い日傘なら暑さの対策もでき暑い夏でも外出が苦になりません。

こういったことを参考に日傘を選択してください。