そのUVカットで大丈夫?!

かわいい系からクール系まで色々なタイプの日傘があるので、デザインを重視して好みのものを選択するのも素敵ですね。

日傘に張る布地の素材によっても紫外線のカット効果は異なっています。

紫外線を透過しやすいのは麻や綿といった天然素材で、紫外線をカットする効果が低いです。

熱が日傘の内側に留まり難いといった長所があります。

紫外線カット効果が高い素材はポリエステルです。

UVカット加工をしていないポリエステルでも、生地だけで9割もの紫外線をカットできるのです。

日傘は重さも確認しておきたいですね。

どれほどの重さなのか各確認して比較しましょう。

持ち運びや持った時の腕の負担から、軽ければ軽い方が楽でいいですね。

しかし軽いから持ちやすいとは言えないこともあります。

しっかりした丈夫な作りの方が使いやすい場合もあります。

自分にとってベストなものを探してみましょう。

とても波長の長いUVAは、雲を通過して肌へと突き刺さります。

晴れの日の、91%ほどもです。

また紫外線B波の量も、最盛時の50%近くあります。

若さを保った肌でいるには、たとえ曇っていても日傘を使用しましょう。紫外線を吸収する色は黒の方が高いため、日傘には良いと一般的には言われがちです。

しかしUVカット加工のパーセンテージや遮光率が高ければ、傘の表側の色についてはそれほどこだわらなくてもいいでしょう。

そのポリエステルに、無機物のカーボンやチタンを練りこみ紫外線カット効果を高めたものがあります。

これは、染み込ませたり、表面に加工するUVカット加工と違い、摩耗・洗浄に強く紫外線カット効果が長く続きます。

天然素材と異なりポリエステルは、デメリットとして内側に熱がこもりやすい点があります。

主に暑い時期に日傘は使用されます。

日焼けの対策としてだけではなくて、暑さを緩和させるのにも使用したいですね。

日傘を選ぶときに暑さ対策も考えるとどんなものがいいでしょうか?

中には晴雨兼用という日傘もあります。

晴雨兼用の日傘でも、紫外線カット率が低い製品というわけではありません。

一般的なUVカット加工については、雨などの水に塗れることでも劣化が激しく進みます。

UVカット率を長く維持するのであれば、晴雨兼用ではなく「日傘専用」がいいですね。

日傘はより大きいものほど、降り注ぐ紫外線から体全体を守ります。晴雨兼用の便利な日傘もあります。

晴雨兼用の日傘でも、製品の紫外線カット率が低くなるわけではありません。

一般的なUVカット加工については、雨等の水に塗れてしまうと劣化が加速します。UVカット率を長く維持するのであれば、晴雨兼用ではなくて「日傘専用」のものを購入しておきましょう。

日傘はより大きいものほど、体に降り注ぐ紫外線を遮断してくれます。

人気がある日傘だと折りたたみタイプがあります。

折り畳めるコンパクトな日傘は、毎日鞄に入れて持ち歩けるのが魅力ですね。

「直径85cm以上」の日傘を上記でご案内しましたが、UVカットの加工を施しているならば、当たり前のことながら日傘でもOKです。

日傘は素材や大きさだけではなく紫外線カット率は「持ち方」でも変わります。

昔の映画の女優さんは日傘を高く持っているイメージがありますが、そんな風に持って歩いていては、しっかりと紫外線を遮ることはできませんよね。

日傘を買い替える時はいつがいいでしょう。日傘表面に施さているUVをカットする加工は、使えば使うほど剥がれていきます。

UVカット率が維持できるのはおおよそ1~2年が限度。

使用頻度により違いますが、使用が3年を過ぎる場合にはUVカットのパーセンテージが60%から70%に落ち、確率として高く、紫外線が顔にあたっていると考えられます。

「この日傘はいつ購入かな?」というものなら、買い替えを急いだ方が無難と言えます。

「紫外線遮蔽(しゃへい)率」は、紫外線をどれくらいさえぎることができるか、という数値です。

「UVカット率」と表記されることもあります。

「紫外線遮蔽率~%」と表示されていて、数値が高いほど、紫外線を遮ることができます。

UVカット率を「●%」と表示していることもありますが、日焼け止め製品などと同じように「SPF」という記載方法もあります。

SPFは、紫外線防止効果がどれくらい期待できるか、という数値です。

最高値は「50」です。目安にしてみてくださいね。

でも日傘と雨傘を両方持ち歩くのはかさばって邪魔になりますよね。

梅雨時期は、晴れならば日傘として使い、雨になったら雨傘としても使える晴雨兼用をおすすめします。

よく変わる梅雨の季節でも一本の傘をさしっぱなしにできるので、畳んだり出したりすることを少なくすることができますよ。

日傘はUVカット効果だけではなく、季節的なファッションの一部として持つ方もたくさんいます。

しゃれたデザインのものも多く、選ぶことやさして歩くことも楽しいアイテムですね。

照り返しなど、足元からの反射は見落としてしまいがちです。

選ぶときには、日傘の表面と裏面の素材のチェックも重要です。

素材の中には光沢があり紫外線を跳ね返すものがありますが、かえって肌にダメージを与えることも考えられます。

黒や紺など、内側の色は濃いものを選択するのが良いですね。

長傘と折り畳みの二種類が日傘にはあります。

使うシーンや持ち運び時のことを考えて選ぶのがコツ。

通勤時に電車などの乗り物に持って乗るのなら、選ぶなら持ち運びを考えて、折り畳みですね。

あきらかな刺激として感じる「雨水」があたる雨傘をさしている態勢を思い出してみましょう。

大雨の時には誰でも傘を低く持って、雨ができるだけ肩や腕などにあたらないようにしますよね。

こういったように、基本的には日傘でも「傘をできるだけ低く持つ」ようにしましょう。

腕や顔等の肌と日傘の距離については、「30センチ以内」に留めるようにするのが大切です。

梅雨の季節は雨も多いですが、紫外線量も多くなっている時期です。

日傘にはUVカット率表示をして売られているものもありますが、日焼け・暑さこの両方の対策で日傘を使うならば、「遮光率」についてもUVカット率と同じように注目してみましょう。

日傘の遮光率が高いものなら、あたれば日焼けの原因となる紫外線は勿論、暑さの原因の赤外線や可視光線も遮ることができるのです。

紫外線カットの機能にプラスし、遮光率が高い日傘なら暑さの対策もでき夏でも外出が快適になります。

こういった点を確認して日傘を選んでください。

「日傘を使うのは夏の時季だけ」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

でもこれは間違いって知ってました?

4月頃から、紫外線A波(UVA)・B波(UVB)は増え始めています。そして6月には紫外線A波が最高になります。

UVBも5月には8月と同じくらい降り注いでいます。

紫外線A波もB波もそのピークを9月下旬頃まで維持しています。だから日傘といった紫外線を遮るアイテムは、4月から9月が終わるまでは必須ということになります。

曇りの日だから安心、というわけではありません!

紫外線遮蔽率(UVカット率)と遮光率はよく似ていますが異なり、「遮光率」が防いでいるのは可視光線です

。区別して選ぶことが大切です。遮るのは目に見える光の割合なので、日陰効果が期待できるのは、数値が高いものです。

第一に暑さを遮りたいならば、UVカット率と合わせて遮光率が高いものを探してみましょう!

色では黒が良いと言われる日傘ですが、デメリットは熱を吸収することです。

黒は紫外線を吸収し、白は紫外線を反射して防ぎます。

薄い色など好きな色で選んでもOKです。