紫外線のピークが始まります!

黒い色の日傘でもUVカット加工されていなければ、白い色のUVカット加工されている日傘の方が、効率的に紫外線を遮断できるのです。

傘の裏の方が、表側よりも比較的重要です。

いくら黒い日傘でも裏地が白や明るい色だと、アスファルトなどから反射し照り返しとなった紫外線で、日傘の中で肌が日焼けしてしまいます。

暗い色の裏地を選ぶのがいいでしょう。

遮光率は高ければ高いほど、光を通しません。

かわいいものクールなものとたくさんのバリエーションの日傘があるので、デザインを重視して好みのものを選択するのも素敵ですね。

日傘の布地の素材により紫外線カット効果が高いものやそうでないものがあります。

紫外線を透過しやすいのは麻や綿といった天然素材で、紫外線カット効果が低いです。

熱が日傘の内側にこもりにくいといメリットもあります。

ポリエステルであれば紫外線カット効果が期待できます。

ポリエステルであればUVカット加工をしていないものであっても、生地だけで9割もの紫外線をカットできるのです。

照り返しなど、足元からの反射は見落としてしまいがちです。

選ぶときには、日傘の表面と裏面の素材のチェックも重要です。

光沢のある素材は紫外線を跳ね返しますが、かえって肌にダメージを与えることも考えられます。

内側の色は黒や紺など濃いものを選ぶのが良いでしょう。

長傘と折り畳みと、ふたつのタイプが日傘にはあります。

持ち運びや、使用する状況を考えて選ぶのがいいですね。

例えば通勤で電車に乗る場合は、選ぶなら持ち運びを考えて、折り畳みですね。

あきらかな刺激として感じる「雨水」があたる雨傘をさしている態勢を思い出してみましょう。

強い雨の時には体から離さずに傘を持ち、極力肩や腕などに雨があたらないようにしますよね。

このように、「できるだけ体から離さず持つ」のは日傘でも同じ。

顔や肩などと日傘の距離については、「30センチ以内」であるのが大切です。

雨の多い梅雨の時期は、紫外線も多い時期なのです。

だけれど日傘と雨傘を両方持っているのは荷物になって邪魔ですよね。

梅雨時期は、晴れならば日傘として使い、雨が降れば雨傘にもなる晴雨兼用の傘がいいですよ。

気まぐれな梅雨の天気でも同じ傘で対応できるので、しまったり出したりも少なくすることができます。

UVカット効果を期待するためだけではなく、日傘はファッションのアクセントとして持つこともあります。

しゃれたデザインのものも多く、選んだり使ったりがとても楽しいアイテムです。

UVカット率が表示されて販売されている日傘もありますが、日焼け対策・暑さ対策のいずれをも必要と考えて日傘を使用するなら、UVカット率だけではなく「遮光率」にも注意してみましょう。

遮光率の高い日が日傘は、日焼けの原因である紫外線は当然のこと、暑さの原因の赤外線や可視光線も遮ることができるのです。

紫外線カット機能の加え、「遮光率」が高ければ暑さを緩和することもでき暑い時季でも外出が心地良くできます。

これらを注意して日傘を選んでくださいね。

折りたたみの日傘も人気がありますね。

折りたたみタイプの日傘は、毎日持ち歩いても苦にならないのがいいですね。

「直径85cm以上」の日傘を上記でご案内しましたが、UVカット加工済のものならば、当たり前のことながら日傘でもOKです。

日傘の素材やサイズだけが大切なのではなく「持ち方」でも紫外線カット率が変わってきます。

昔の外国映画の女優さんのようにパラソルを高く持っていては、あいにく紫外線をキチンと遮ることはできないですよね。

日傘の中には晴雨兼用のものもあります。晴雨と両用であっても、製品の紫外線カット率が低くなるわけではありません。

一般的なUVカット加工については、雨等の水に濡れることでも劣化が激しくなります。

UVカット率をより長く持続させたいのであれば、晴雨兼用を選ばず「日傘専用」を購入するのが良いでしょう。

大きければ大きい日傘であるほど、降り注ぐ紫外線から体全体を守ります。

紫外線を遮ることができる力を「紫外線遮蔽率」といい、数値で表します。「UVカット率」と同じ意味です。

「紫外線遮蔽率●%」と書いてあることが多く、紫外線を遮る効果は、数値が高いものほど期待ができます。

UVカット率として「~%」と書いてあることもありますが、日焼け止め製品などのように、「SPF」という記載方法もあります。

紫外線防止効果がどれほど期待できるか、ということを数値化したものがSPFです。

「50」が最高値です。

これを目安にしてくださいね。

チェックしたい所は、日傘の重さですね。どれほどの重さなのか各確認して比較しましょう。

軽ければ軽いほど、腕などへの負担が軽くなり、持ち運びも楽になります。しかし、軽い=持ちやすい、ではない場合もあります。

しっかりした丈夫な作りの方が使いやすい場合もあります。

自分にとってベストなものを探してみましょう。

とても波長の長い紫外線A波(UVA)は、雲を通して肌に降り注ぎます。

その量は、晴れの日の9割以上。そしてUVBも、最も多い時の50%近くあります。若々しい肌のままでいるには、日傘を曇りの日にもさすことが大切です。

黒い日傘は紫外線を吸収するので、一般的には黒が良い、と言われています。

しかしUVカット加工のパーセンテージや遮光率が高ければ、傘の表側の色についてはそれほどこだわらなくてもいいでしょう。

よく似ている遮光率と紫外線遮蔽率(UVカット率)ですが、可視光線を防いでいるのが「遮光率」となります。

区別して選ぶことが大切です。

目に見える光をさえぎる割合を示しているので、数値が高いほど日陰効果が期待できます。

暑さ対策が第一という方は、UVカット率と遮光率の両方が高いものを探しましょう。

黒い日傘が良いと聞きますが、熱を吸収してしまう短所があります。

白は紫外線を反射し防ぐ効果が期待できますが、黒は紫外線を吸収します。

涼しげな色や好きな色を選んでOKです♪

日傘を新しくするのはどんな時でしょう。

日傘表面のUVカット加工は、使用すればするほど剥がれます。

UVカット率が変わらないのは平均で1-2年ほどです。

使用頻度により違いますが、3年以上の使用の場合にはUVカット率が60から70%ほどと落ち込み、紫外線が顔にあたっている可能性が高くあります。

これはいつ買ったのかな?という日傘なら、早急に買い替えた方が無難と言えるでしょう。

夏の紫外線が強いときにしか日傘をささない、という人も意外に多いですね。

これは不正解です。

紫外線A波(UVA)・B波(UVB)は4月頃から増え始めています。UVAが一番高い時期は6月。

5月には8月と同じほどの量のUVBが。

そしてUVAもUVBも9月下旬頃までピークを維持し続けています。

だから日傘といった紫外線対策アイテムは、4月から9月が終わるまでは必須ということになります。

晴れの日だけでなく、曇りの日だって安心できませんよ!

そのポリエステルに、無機物のカーボンやチタンを練りこみ紫外線カット効果を高めたものがあります。

これは、染み込ませたり、表面に加工するUVカット加工と違い、洗浄・摩耗により強く、紫外線カットの効果が長く続きます。

ポリエステルは天然素材と違い、熱が内側にこもりやすい点はデメリットです

。日傘は主に暑い時期に使用されます。

できれば日焼け対策だけでなく、暑さへの対策もしたいですよね。

日傘を選ぶときに暑さ対策も考えるとどんなものがいいでしょうか?